シミを化粧品で隠すのは、シミの対処法の一つといえるでしょう。 UVカットの化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)を使用すれば、シミが濃くなるのを防ぐこともできますし、化粧品で少しでもシミを目立たなくしたいと思うのは当然ですよね。 とは言っても、夏には特に化粧崩れに気をつける必要があるかもしれません。 それに、シミがなくなるわけではありませんから、根本的な解決にはなりません。 シミを隠したいと思うあまりに、ついうっかり厚化粧になってしまったということもあるのです。 実は、ストレスはシミに良くありません。 特に30台以降の女性に多く見られる肝斑と言うシミは、ストレスも大きく関連していると言われています。 女性の顔に関する悩みは、自分が思っている以上に大きなストレスになってしまいますから、シミによるストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)が新たなシミの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)にもなりかねないのです。 ですから、もし、すごく気になるようなら、シミ取りを考える人が良いでしょう。 シミ取りには美白化粧品を使う他に、病院で相談するという方法もあるそうです。 化粧品によるシミ隠しは、あくまでも一時的に見えなくしているだけですので、シミの改善策も考えた方がいいですねー